ファミマ、地域限定のお弁当「正月明けに食べたいがっつきメシ」11種を発売
拡大する(全1枚)
ファミリーマートは1月18日、全国各地のストアスタッフが発案した各地域限定のお弁当「がっつきメシ」を、全国11地域(※)のファミリーマート店舗で発売する。販売は2月7日まで。

同社では、店舗で働くストアスタッフが、商品の発案や選定に参加する「ワクワク働けるお店」を目指した取り組みを積極的に行っている。9月には店舗スタッフ考案によるオリジナルスイーツを発売。今回は第2弾として、「正月明けに食べたいがっつきメシ」をテーマにお弁当のアイデアを募集し、合計1,713件ものアイデアの中から選ばれた地域別の「がっつきメシ」11種類を発売する。

北海道地域のお弁当は「ジンギスカン丼」(598円)。北海道ではおなじみの「ベル食品」のタレで味付けしたラム肉と、シャキシャキ食感のもやしを含むたっぷりの野菜炒めを使用した丼で、北海道にて販売する。

東北・新潟地域のお弁当は、「たまごかけ風ごはんに具入りラー油と豚焼肉をのっけてみた!!(スタミナ源たれ味)」(550円)。青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県新潟県(一部店舗除く)のファミリーマート店舗で販売する。

北関東・埼玉・千葉地域のお弁当は、「豚バラとニンニクの芽のスタミナ丼」(550円)。茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県(一部店舗除く)・新潟県(一部店舗のみ)での販売となる。

東京地域は、厚切りチャーシューと刻みチャーシューの2種類が味わえる「にんにくマシマシ 厚切りチャーシュー丼」(598円)を販売する。