あの「レトルト亭」が一般販売、レトルト食品をお湯&レンジ無しで加熱

あの「レトルト亭」が一般販売、レトルト食品をお湯&レンジ無しで加熱
拡大する(全1枚)
アピックスインターナショナルは1月17日、レトルトパウチを手軽に温められる専用調理器「レトルト亭」の一般販売を発表した。1月下旬に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は7,680円前後。

「レトルト亭」は、カレーや丼もの、惣菜といったパウチ詰めのレトルト食品を、パウチのまま本体に挿入して温められる調理家電。一般的にはお湯で温めたり、電子レンジで温めたりすることが多いレトルト食品だが、「レトルト亭」ではパウチ状態のまま加熱するため、湯をわかしたり別の器に移したりする手間がかからない。

2021年8月にクラウドファンディングサイト「Makuake」で支援を募り、4,511%の達成率で終了。今回一般販売をスタートさせる。Makuakeでは当初予定していた先行販売用初回生産分の1,200台が27時間で完売し、急きょ追加した2,000台も1週間弱で完売したという。

本体内には低温ヒーターを2つ設置し、レトルトパウチをヒーターで挟み込んで食べごろの温度まで加熱する。加熱時間はダイヤルを回して設定し、目盛りは「小盛」「普通」「大盛」の3種類。内容量のめやすは、「小盛」が130g~179g、「普通」が180g~259g、「大盛」が260g~300g。

本体サイズはW255×D80×H200mm、重さは約1.5kg。消費電力は200W、電源コード長は約1.8m。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク