テクニクス、ネットワークCDアンプ「SA-C600」2月25日発売。スピーカーも

テクニクス、ネットワークCDアンプ「SA-C600」2月25日発売。スピーカーも
拡大する(全1枚)
パナソニックは、テクニクス(Technics)ブランドの新製品として、プレミアムクラスのネットワークCDレシーバー「SA-C600」と、同製品にデザインを合わせたブックシェルフスピーカー「SB-C600」を2月25日に発売する。価格は、SA-C600が11万円、SB-C600がペアで11万円。

SA-C600は、パナソニックがCES 2022に合わせて海外発表した新製品。SB-C600は2021年に海外市場で発売済みで、今回、両製品の国内での発売が決定したかたち。これらを組み合わせると一体感のあるコンパクトなオーディオシステムが出来上がる。

○SA-C600

CDプレーヤー、ネットワークプレーヤー、アンプなどを高さ85mm(CD部トップカバーの高さを除く)の薄型コンパクトなボディにまとめた一体型オーディオ。音楽CDやBluetooth、FMラジオといった音楽ソースの再生に加え、PCやNAS、最大2TBまでのUSBメモリーに保存したハイレゾ音源も楽しめ、MQA音源のデコードにも対応。好みのスピーカーを追加するだけで、さまざまな音楽コンテンツを再生できるオーディオシステムとなる。

上部のトップローディング方式CDを中心に配置したデザインを採用。手動開閉式のスライドドアを開けてディスクをセットする。再生中に回転するディスクの様子を照らし出す機能を備え、「ディスク再生ならではの音楽と触れあう楽しみを深める」としている。CD再生関連では、ハイレゾ信号に変換する「CDハイレゾ リ.マスター」機能も備える。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク