HHKB初心者が最上位モデル「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」を使ってみた

HHKB初心者が最上位モデル「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」を使ってみた
拡大する(全1枚)
Happy Hacking Keyboard(HHKB)といえば、打ち心地の良さや耐久性の高さ、無駄のないキー配列によるコンパクトサイズなどを理由に、エンジニアやキーボード愛好家から長年支持され続けている高級キーボードです。

3万円前後と比較的高価なキーボードですが、2020年に開催されたファンイベントで語られたところによれば、売れ筋は最も高価な最上位モデルだといいます(関連記事)。それだけ良い道具に妥協しない人々に愛されている証拠でしょう。

筆者も仕事道具としてある程度キーボードにこだわってはいるつもりですが、HHKBは恥ずかしながら未体験。最近は主に「ThinkPad トラックポイント キーボード II」ですが、以前「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」を使っていたので、HHKBと同じ静電容量無接点方式のフィーリングは知っています。

やはり高級キーボードの代名詞ともいえるHHKBも一度は使ってみなくては……と思っていたら、最上位モデル「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」(35,200円)を試用する機会に恵まれました。今更ながら「HHKB初心者」目線でのレビューをお送りします。

さっそく外観からチェックしていきましょう。本機は2019年12月に発売された最新世代のモデルですが、外見上はそれ以前のモデルと大きく変わらない印象。幅294mmとコンパクトなボディーに、必要最低限のキーがぎっしりと詰め込まれています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク