パナソニックの賃貸住宅向け家電サブスク「noiful」、かなり住みたくなる部屋だった

パナソニックの賃貸住宅向け家電サブスク「noiful」、かなり住みたくなる部屋だった
拡大する(全1枚)
パナソニックは1月19日、賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」を開始しました。パナソニックの最新家電を何種類かセットにして、賃貸住宅向けに月額料金で貸し出すサービスです。第1号の物件として1月19日から入居者公募を開始した「noiful base 駒込」を見学してきました。

noifulは、賃貸住宅のオーナーや管理会社向けのサービス。簡単にいうと、パナソニックの家電が最初からまとめて備え付けられた部屋に入居できるようになるというものです。親元を離れて一人暮らしを始める人や、これから二人暮らしを始めるカップルなど、新しい居住環境が必要な人にとって、noifulを導入している物件はかなり魅力的。

パナソニックが賃貸住宅を運営するのではなく、基本的には賃貸住宅のオーナー(大家)がサービスに申し込み、オーナーは入居者が払う家賃から毎月一定額をパナソニックに払うサブスクリプション型の賃貸住宅向けサービスとなります。

オーナーや管理会社にとっては部件の価値向上、入居者にとっては家電を用意せずに暮らし始められる豊かな住まい方、noifulにとってはリカーリング型の安定・高収益事業の確立――。この三方良しの形をnoifulで目指すとしています。

noifulは、大きく2つのサービスにわかれます。1つは物件のオーナー(大家)が準備した部屋にパナソニックが家電のセットを提供する「noiful ROOM」。もう1つは、オーナーや管理会社と一緒に物件をリノベーションして、生活動線や家電の納まり方といった物件のマネジメントまで相談に乗る「noiful LIFE」です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク