天下一品、こってりの頂点を超えた「超こってり」を限定販売

天下一品、こってりの頂点を超えた「超こってり」を限定販売
拡大する(全1枚)
中華そば専門チェーン店「天下一品」は2月1日~28日の期間限定で、"こってり"の頂点を超えた「超こってり」(1,200円~/地域により価格が異なる)を、全国の店舗で販売する(天下一品総本店は除く)。天下一品中野店では、1月22日から先行販売する。

今回の「超こってり」は、1971年11月に創業した「天下一品」の50周年特別企画。「もっと濃い"こってり"が食べてみたい」「"こってり"をさらに超えるスープは食べられないのか」という期待の声が寄せられることも多く、その期待に応えるべく、試作に試作を重ね、"こってり"の頂点を超える一杯「超こってり」が誕生した。

「超こってり」のこだわりは3つ。ひとつ目のこだわりは、鶏がらを贅沢に使用した「スープ」で、時間と手間を惜しまず、じっくり煮込むことで、"こってり"を「超こってり」になるという。スープの仕上げには刻み玉ねぎを加え、さらに煮込んで旨味を引き出している。高い濃度とコクのあるスープは、玉ねぎの甘みが加わることで、口当たりは超こってりなのに、後味はすっきりとしているとのこと。

ふたつ目のこだわりは、「麺の長さとトッピング」。スープの濃度が高く、通常の麺の長さだとラーメンをすすることができないほどであるため、麺の長さを通常の半分にしている。スープの美味しさを存分に楽しんでもらうため、トッピングはねぎのみとした。

3点目のこだわりは「専用どんぶり」。黄金色の「超こってり」のスープをさらに引き立たせるため、漆黒の専用どんぶりで提供する。どんぶりの底には、お馴染みの「明日もお待ちしてます。」のメッセージと「No kotteri, no life.」のメッセージ。縁には、京都・桜凛堂の一筆龍絵師・手島啓輔氏が天下一品のために描いた「黄金に輝く龍」がデザインされている。

「超こってり」は、1日先着5名限定で、1人につき1杯限定。並ラーメンのみの提供となる。予約は不可。持ち帰りには対応していない。割引券・クーポン等(アプリの半額クーポンを含む)は利用不可。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク