楽天モバイル、「Rakuten mini」のアップデート - バッテリ仕様を変更

楽天モバイル、「Rakuten mini」のアップデート - バッテリ仕様を変更
拡大する(全1枚)
楽天モバイルは1月21日より、同社オリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」のソフトウェアアップデート配信を開始した。対象製品ではステータスバーにアイコンが表示され、そこから更新が行える。

アップデート内容は、内蔵電池寿命を長くするための充電の仕様の変更。これに伴い、バッテリまわりの仕様が下記のように変更となる。

内蔵電池容量:1,250mAh→1,212mAh
連続待受時間

4G(FDD-LTE):約160時間→約155時間
3G(W-CDMA):約220時間→約213時間

連続通話時間

4G(FDD-LTE):約5.4時間→約5.2時間
3G(W-CDMA):約7時間→約6.8時間

充電時間

ACアダプター:約114分→約143分
パソコン接続:約200分→約190分

この他に製品をより快適に利用するための更新が含まれる。更新後のソフトウェアバージョンはビルド番号「C330AE_9.0_RMN_JP_99_SS」となる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク