シャープ家電とスマート照明Philips Hueが初連携。IoT家電の取り組み加速へ

シャープ家電とスマート照明Philips Hueが初連携。IoT家電の取り組み加速へ
拡大する(全1枚)
シャープのAIoT家電を操作するスマートライフアプリ「COCORO HOME」から、スマート照明「Philips Hue」シリーズの操作が可能になった。同アプリに機器登録できる他社製IoT家電は、住宅設備以外では初となる。

シャープと、Philips Hueを展開するシグニファイジャパンが1月25日に連携開始を発表。シャープのグループ会社である、AIoTクラウドが提供するクラウドサービス「AIoTプラットフォーム」を活用しており、同アプリからPhilips Hueの点灯や消灯が行えるようになった。

対象製品は以下の通り。

Philips Hue フルカラー シングルランプ
Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ
Philips Hue ホワイト シングルランプ
Philips Hue Play ライトバー
Philips Hue Go
Philips Hue ライトリボンプラス/ライトリボンプラス エクステンション

COCORO HOMEアプリにPhilips Hueを登録すると、機器リスト画面から照明をオン/オフできる。さらに、Philips Hue専用アプリとあらかじめ連携しておくことで、照明の色や明るさを変更したいときにCOCORO HOMEアプリの「詳しい操作」ボタンを押すとPhilips Hue専用アプリが立ち上がり、より細かな操作が行えるようになる。

対応する各製品に加えて、照明の“ハブ”となるHueブリッジと、My Hueアカウントへの登録も必要。COCORO HOMEへの各製品の登録方法は、シャープのWebサイト上で案内している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク