Windows 11、2月に新機能公開、Androidアプリ利用のパブリックプレビューなど

Windows 11、2月に新機能公開、Androidアプリ利用のパブリックプレビューなど
拡大する(全1枚)
Microsoftは1月26日(現地時間)、タスクバーの改善やAndroidアプリ/ゲームのサポートのパブリックプレビューを含むWindows 11向けの新機能の提供を2月に開始する計画を発表した。これは同社CPO(最高プロダクト責任者)のPanos Panay氏が26日に公式ブログで公開した「A new era of the PC」で明らかにしたもの。

タスクバーの改善は、マイクのミュート/ミュート解除用のボタン、Teams用の画面共有ボタン、ウイジェットボードにアクセスするエントリポイントになる「天気」などを含む。Androidアプリ/ゲームのサポートは、Intel Bridge Technologyを用いており、ARMベースのデバイス用に構築されたAndroidアプリをQualcommのプロセッサを搭載したWindows 11デバイスだけではなく、IntelやAMDのプロセッサを搭載したデバイスでも実行できる。Androidアプリ/ゲームの配信はAmazonのAppstoreが担う。それらのほか、Windows 11向けの新デザインの「メモ帳」と「Media Player」アプリの提供を予定している。

MicrosoftはWindowsの機能アップデートを従来のWindows 10の年2回から年1回に減らしており、Windows 11の次の機能更新は2022年後半とみられている。2月に追加される新機能やアップデートがWindows Updateになるのか、それともMicrosoft Storeを通じた個別の配信になるのか、提供方法には言及していない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク