クルマを乗り換えるなら? エンジンタイプは「ガソリン」と「ハイブリット」がおよそ同数に
拡大する(全1枚)
廃車・事故車買取専門の「はなまる」はこのほど、「車の乗り換え・廃車に関する調査」を実施し、結果を公表した。

同調査は2022年1月17日~20日、自動車の免許を取得したことがある(一部免許返納者等を含む)30代から70代の男女500名(廃車手続きをした経験がある男女250名・廃車手続きをした経験がない男女250名)を対象に、WEBアンケート調査にて実施した。

同調査では乗っている車のタイプや今後乗りたい車のエンジンタイプ、乗り換え、免許の返納を希望するタイミングなどを聞いた。また、廃車手続き経験者に対しては廃車理由や年数、エピソードなどについても調査を実施。現代における車への意識が見て取れる調査結果となっている。

主に乗っている車のタイプを質問したところ、3割近くが回答したのは「軽自動車」(29.9%)となった。続いて多かったのは「コンパクトカー」(19.2%)で、1位と2位のタイプだけで約半数近くを占める。比較的小さめの車が多く乗られていることが明らかになった。ランキング外の「スポーツカー」は2.1%とかなりの少数派だ。

車を乗り換えると想定した場合の希望エンジンタイプに関する質問では、定番である「ガソリン車」(38.4%)が最も多く、続いては僅差で「ハイブリッドカー」(36.6%)という結果だった。「電気自動車」(17.2%)と回答した人は2割弱ほど。わずかではあるが「水素自動車」(2.2%)という回答もあり、環境に優しいとされる車に一定の注目が集まっていることが見て取れる。