FPが答える家計相談 第12回 「思った以上に生活費が減らない」地方移住で年収減、赤字家計に転落した40代夫婦
拡大する(全1枚)
FPが家計のさまざまなお悩みに答えていく本連載。今回は地方移住して子育てをスタートさせたものの、都会暮らしに比べて生活費が減らないことに焦っている専業主婦・りんごさん(40歳)のご相談に1級FP技能士の資格を持つ早乙女美幸さんが応じます。

◆相談者さんのプロフィール
○相談者

相談者 りんごさん(仮名)
女性/専業主婦/40歳
新潟県/賃貸住宅暮らし
○家族構成

夫(会社員/40歳)、子ども(3歳、4歳)
◆お悩み

環境のいいところで子育てしたいというのが夫婦共通の夢だったので、昨年思い切って夫が転職し、家族で新潟県に移住しました。年収が70万円ほど減りましたが、これまでより生活費も下がる見込みだったので、自分たちの試算では貯金もできる予定でした。

環境はとても気に入ったのですが、最近は赤字の月が多く、このままで大丈夫か不安になってきました。下の子が小学校に入学したら、私もパートなどで働くつもりですが、家計の見直しなどどうすればいいでしょうか?
◆家計収支
○支出

○現在の貯蓄額

すべて込みの月間平均収入が34.7万円、支出が34.8万円、現在の貯蓄額が540万円となっています。

◆FPからのアドバイス
○アドバイス1: まずは、現状を確認しましょう!

賞与も児童手当も含めた平均収入が34.7万円/月、支出が34.8万円/月で、確かに余裕がない家計になっています。今後のことを考えてご不安になる気持ちもわかります。

加えて、自動車関連費を月に1.8万円と計上していますが、それ以上にかかっているのではと思います。2台分のガソリン代、メンテ関係、保険、