ソニーの穴あき完全ワイヤレス「LinkBuds」登場。耳をふさがず“ながら聞き”
拡大する(全1枚)
ソニーは、リング型の新開発ドライバーユニットを搭載した、耳をふさがない完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」(型番:WF-L900)を2月25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は23,000円前後を見込む。カラーはホワイトとグレーの2色。

同社では、音楽ストリーミングサービスの利用が近年拡大しており、通勤・通学時だけでなく自宅でのテレワークやオンライン授業などでも完全ワイヤレスイヤホンを使う機会が増加していると分析。若年層を中心に「ながら聴き」への関心が高まっており、“音“への接触時間がさらに長くなる傾向があるという。

LinkBudsは、「オンライン、オフライン(リアル)を問わず、あらゆる人やコンテンツに常にLink(つながる)するためのイヤホン」をコンセプトに開発。

ソニーの完全ワイヤレス史上最小最軽量のコンパクトサイズで、コンパクト設計とリング型ドライバーの開放感による快適な装着性を追求し、20代半ばのいわゆる“Z世代後期”に向けて完全ワイヤレスの“常時装着”という新しいスタイルを提案している。また、ビジネスやスポーツシーンでの活用も見込めることから、骨伝導イヤホンに関心がある30~50代のビジネスマンもターゲットとする。

立体音響による“新しい音体験”ができるのも特徴で、現実世界に仮想世界の音が混ざり合う、ソニーによる新感覚の音響体験が楽しめるSound ARアプリ「Locatone」に対応。既存の開放タイプのイヤホンでも利用できるアプリだが、LinkBudsでは新たにヘッドトラッキングにも対応し、より臨場感ある立体音響体験が楽しめるという。