アドビ、Photoshopで「WebP」をネイティブサポート
拡大する(全1枚)
アドビは、画像編集アプリ「Photoshop デスクトップ版」2022年2月リリース(バージョン23.2)にて、新機能と機能強化を行った。

バージョン23.2から「WebP」ファイル形式をネイティブサポート。プラグインや環境設定を必要とせず、PhotoshopでWebPファイルを開き、作成、編集および保存できるようになった。

WebP(ウェッピー)は、Googleが開発したWebサイト向けの新しい画像形式。PNGやJPEGと比べて容量が小さく、Webページの表示時間(画像読み込み時間)を短縮できる。可逆圧縮と非可逆圧縮の両方に対応し、透過性(アルファチャネル)もサポートする。

Photoshop 23.1以前のバージョンから直接WebP画像を開いて保存するには、WebPShopプラグインをダウンロードしてインストールする必要がある。

バージョン23.2のその他の変更および機能強化として、油彩フィルターのパフォーマンスが向上。特に大きなファイルを処理する際に顕著だという。

そのほか、Photoshopで共有オプションを簡単に見つけるオンボーディング機能を搭載したほか、Windows ARMデバイスで「編集に招待」ワークフローが利用可能になった。

また、新しいカメラ(Sony Xperia Pro-Iの3つのリアカメラ)とレンズ(Sony Xperia Pro-Iの3つのリアカメラとフロントカメラ)をサポートした。