年収500万円の会社員、厚生年金の受取額はいくら?
拡大する(全1枚)
国税庁の民間給与実態統計調査によると、令和2年の給与所得者の平均給与は433万円、男性は532万円、女性は293万円となっています。

そこで今回は男性の平均に近い、年収500万円の会社員を想定して、将来受け取ることができる厚生年金の受給額がいくらになるのか計算してみたいと思います。さらに、その年金額から引かれる税金や社会保険料についても解説します。

老齢基礎年金と老齢厚生年金

まずは、65歳から受け取ることができる老齢年金について解説します。

老齢基礎年金は、原則として国民年金に10年以上加入することで、65歳から支給されます。 国民年金の保険料は一律で、20歳から60歳まで漏れなく納めると、満額(令和3年度は78万900円)支給されます。

老齢厚生年金は、厚生年金保険の加入期間があり、老齢基礎年金を受け取るために必要な資格期間を満たした場合に、65歳から老齢基礎年金に上乗せする形で支給されます。この上乗せが報酬比例部分であり、収入や加入期間によって異なります。

老齢厚生年金の報酬比例部分は、給与や賞与に応じた保険料と納めた期間によって決まるため、詳細な記録がないと、将来受け取ることができる年金額を正確に算出することはできません。詳細な記録は毎年誕生月に、日本年金機構が郵送している「ねんきん定期便」(電子版「ねんきん定期便」はねんきんネット)で確認できます。
年収500万円の厚生年金受給額

ここでは、あくまでも目安として知るために、以下の条件を設定して、年収500万円の会社員が将来受け取ることができる年金額を出してみたいと思います。