名前から想像できない郷土料理ランキング、1位山形県「もってのほか」とは?
拡大する(全1枚)
ウェイブダッシュが運営する地域応援サイト「生活ガイド.com」は2月22日、「名前からは想像できない郷土料理ランキング」のトップ10を発表した。同ランキングは2021年10月25日~12月12日、「生活ガイド.com」の10代~80代の男女会員198名を対象に、インターネットで実施した。

1位は、山形県の「もってのほか」だった。「もってのほか」とは、色鮮やかな淡紫色が特徴的な食用菊の一種。山形県は食用ぎくの生産が盛んで、その中でも「食用ぎくの横綱」と評されているのが「もってのほか」であるとのこと。和え物やお浸し、天ぷらやお吸い物にして食べられており、シャキシャキとした歯ごたえやほろ苦さ、ほのかな香りが特徴だという。

2位に選ばれたのは、北海道の「ガタタン」だった。「ガタタン」という名前の由来は、"具だくさんでとろみのある名物スープ料理"を指す漢字での表記「含多湯」から来ている。にんじんや白菜、豚肉やイカなどが入っており、寒い時期に食べたくなる郷土料理とのこと。主に北海道の芦別市で親しまれている。

3位には香川県の「まんばのけんちゃん」が選ばれた。「マンバ」は漢字で「万葉」と記載され、10月から4月が旬の三池高菜の一種。そのマンバ(高菜)と豆腐や油揚げを一緒に炒め煮にした料理のことを「まんばのけんちゃん」と呼ぶとのこと。ちなみに「けんちゃん」は、豆腐と野菜を油で炒めた「けんちん料理」が語源とされている。