女子バスケを五輪銀に導いたトム・ホーバス、男子バスケでも貫く“組織の中で選手が生きる”チーム作り
拡大する(全1枚)
●「バスケットボールを日本のメインスポーツにしたい」
昨夏の東京五輪で史上初の銀メダルを獲得したバスケットボール女子日本代表のトム・ホーバス前ヘッドコーチ(現男子日本代表ヘッドコーチ)がこのほど、著書『チャレンジング・トム-日本女子バスケを東京五輪銀メダルに導いた魔法の言葉-』(ワニブックス刊)を発表した。欧米勢に比べて平均身長で大きく劣る女子代表を躍進させ、今では2人のNBAプレーヤー、八村塁と渡邊雄太を擁する男子代表へと注がれている、流暢な日本語を駆使したわかりやすい言葉と日本人の長所を生かす明確なスタイル、そして真っ赤に燃え上がる情熱を、インタビューを介して届ける。

――女子日本代表がオリンピック史上初の銀メダルを獲得した昨年8月8日の東京オリンピック最終日から、ちょうど半年後の2月8日に著書が発売されました。

ちょっと時間がかかりましたけど、いいタイミングだと思っています。私はバスケットボールを日本のメインスポーツにしたいとずっと考えてきたので、東京オリンピックを忘れないでいてほしい、という気持ちを込めました。

――その東京オリンピックでまず思い出すのが、ベルギー代表との準々決勝です。第3クォーターの途中で13点差をつけられながら、魔法の言葉を紹介した今回の著書の中で真っ先に記した「逆境に陥ってもヘッドダウンしない」が実践されました。

私たちのバスケットボールがしっかりとできるのであれば、13点差をつけられていても大丈夫だと思っていました。2020年2月のオリンピック最終予選で対戦した時には、第4クォーターの残り5分半で17点差をつけられていたのを、1分半の段階で1点差まで追いあげています。オフェンスやディフェンスには、選手たちも自信を持っていたので。