東京23区の中古マンションが安い駅ランキング、1位は?
拡大する(全1枚)
リクルートは2月28日、「東京23区の中古マンション価格相場が安い駅ランキング」を発表した。調査対象は、2021年10月~12月の間に「SUUMO」に11件以上の物件が掲載されていた東京23区内の駅。対象物件は、駅徒歩15分圏内、価格相場3億円以下、築年数35年未満、敷地権利は所有権のみ。

専有面積20平米以上~50平米未満の「シングル向け」ランキングでは、京成本線「お花茶屋駅」(価格相場1,999万円)が1位に。駅北側には真っすぐ延びる商店街、南側にもスーパーやドラッグストアがあるので、駅のどちら側に住んでも買い物には困らない環境。また、東京駅まで計約30分となかなかの好立地で、上野駅や秋葉原駅、神田駅を通勤で利用する人にとっても住まいの候補地になりそうなエリアとなっている。

2位は、東京メトロ千代田線「北綾瀬駅」(同2,339万5,000円)。2021年に複合商業施設が誕生。また、高架下を利用したスペースには商業施設が並んでいるほか、駅前では再開発が計画されているなど、今後、人気上昇と共に物件の価格相場も上がる可能性も。

3位には、JR総武線快速「新小岩駅」(同2,365万円)がランクイン。東京駅まで快速で約15分で行くことができ、2023年冬には南口に駅ビルが完成予定であるほか、大型複合施設を建築する計画も進行中であることから、今後の人気・価値上昇も期待できる。

以下、4位「平和島駅」、5位「中板橋駅」、6位「ときわ台駅」「亀戸水神駅」、8位「本蓮沼駅」、9位「とうきょうスカイツリー駅」、10位「護国寺駅」と続き、「平和島駅」を除く9駅はいずれも東京駅より北側にあるエリアがランクインした。