FPが答える家計相談 第14回 教育費に月20万円超! 貯金が増えず、1歳の三男が学資保険に入れない
拡大する(全1枚)
FPが家計のさまざまなお悩みに答えていく本連載。今回は、AFPの池田ひろみさんが「貯金が増えず、3人目の子どもの学資保険に入れていません」というゆうこさん(42歳)にアドバイスします。

◆相談者さんのプロフィール
○相談者

ゆうこさん(仮名・会社員/42歳)
大阪府/賃貸住宅暮らし
○家族構成

夫(会社員/45歳) 
子ども3人(私立中1年、公立小4年、1歳)
◆お悩み

この春から長男は私立中学1年生、次男は小学4年生、三男は保育園です。世帯年収は1000万円ですが教育費が大きく貯金が増えません。学資保険にも入れていないので、上の子達と同じように教育費をかけてあげられるかどうか不安です。どのように準備していけば良いでしょうか。
◆相談者さんの家計収支

月収は63.5万円、月間の支出も63.5万円(住宅費12.5万円、食費・日用品費8万円、水道光熱費2.5万円、車関連費4.5万円、通信費2万円、教育費21.5万円、保険料2万円、小遣い(夫婦)6万円、使途不明金1.5万円、貯金3万円)、現在の貯蓄額は850万円となっています。
○(1)現在の教育費

中学校学費約7万5000円 、通学定期代5000円、塾代約4万円 、小学校1万円、習い
事代1万5000円、保育料約7万円
○(2)今後の進路希望

長男:私立中高一貫校―国公立大学
次男:公立小―私立中高一貫校―国公立大学
三男:保育園―公立小―私立中高一貫校―国公立大学
大学入試に向けて早めに対策できる環境をと思い、高校受験が不要な私立中高一貫校