徳光和夫、BS松竹東急開局番組MC「大役を仰せつかった」 銀座・渋谷の歴史たどる
拡大する(全1枚)
26日に開局するBS松竹東急は9日、3本の開局記念特番を発表した。

26日19時に開局のオープニングを飾るのは、『銀座・渋谷100年の物語~過去・現在・未来 夢と希望を追った街』(19:00~21:00)。松竹・東急両グループの歴史を語る上で欠かせない銀座と渋谷の街の移り変わりや、街に関わった人々の姿を、貴重な写真と映像で振り返る。

MCの徳光和夫は「新規開局の瞬間を飾る大役を仰せつかったこと、本当に嬉しく思っております。歌舞伎好きの母親と何度も訪れた銀座、そして、学生時代にバイトをしていた渋谷。私自身、思い入れの深い2つの街、銀座と渋谷の魅力を再発見できる、素敵な番組になりました。ぜひ皆さんにも観て頂きたいと思っております」とコメント。

番組プロデューサーは「取材を進めるうちに、銀座と渋谷、2つの街で生まれた文化、流行がこれほど多いのか!?と驚かされました。普段は滅多に入ることができない渋谷再開発の現場や、歌舞伎座を支える職人さんの姿など、BS松竹東急だからこそ実現できた骨太な取材の数々をぜひ、ご覧頂きたいと思っています」と見どころを語る。

27日(16:30~18:30)は、『寅さんファンクラブ 寅年スペシャル! あなたの寅さん 私の寅さん』。劇団ひとり&竹下景子のMCで、『男はつらいよ』の山田洋次監督をゲストに迎え、日本全国寅さんファンの皆様に熱い想い、「寅さん愛」を語ってもらい、改めて映画『男はつらいよ』シリーズの魅力を深堀りする。

同日(21:00~23:00)は、『音楽の轍~出発のファンファーレ』。開局を彩る珠玉のアーティスト陣による、上質な音楽エンタテインメントを届ける。MCは尾上松也宮瀬茉祐子、出演は安藤裕子竹原ピストル、徳永英明、日食なつこ、ビッケブランカ、中尾諭介(In the Soup)。

(C)BS松竹東急