JR西日本「山陽新幹線 岡山開業50周年記念キャンペーン」3/15から
拡大する(全1枚)
JR西日本は、「山陽新幹線 岡山開業50周年記念キャンペーン」を3月15日から開催すると発表した。駅・列車内でのプロモーションのほか、「山陽新幹線 岡山開業50周年記念入場券」や記念グッズ・商品の発売、スタンプラリーなどが実施される。

山陽新幹線新大阪~岡山間は1972(昭和47)年3月15日、「ひかりは西へ」をキャッチフレーズに開業し、今年で50年を迎える。「山陽新幹線 岡山開業50周年記念キャンペーン」は3月15日から12月31日まで実施され、開催日に特設サイトを開設。期間中の各種企画をはじめ、山陽新幹線の歴史についても紹介する。

キャンペーンでは、3月15日に岡山駅・相生駅で行われる記念式典と、新神戸駅、西明石駅、姫路駅、相生駅、岡山駅で開業当時の写真のパネル展を実施するほか、往復の新幹線と観光施設入場券、周遊区間内で指定する交通機関がセットになった「山陽新幹線 岡山開業50周年記念キャンペーン限定 岡山・倉敷ぐるりんパス」を発売。おもな旅行会社による「山陽新幹線岡山開業50周年記念」特別旅行商品の発売も予定している。

新神戸駅から岡山駅までの新幹線停車駅5駅の入場券とオリジナル台紙がセットになった「山陽新幹線 岡山開業50周年記念入場券」を限定3,000セットで3月15日から6月30日まで販売。新神戸駅、西明石駅、姫路駅、相生駅、岡山駅の「みどりの窓口」にて、1セット1,200円で発売される。