ちょっとeグッズ 第4回 【訂正あり】だから私はXperiaを卒業する - 長年のXperiaユーザー、「新天地」を探す
拡大する(全1枚)
皆さんこんにちは。オーディオ・ビジュアル製品などを中心に幅広く取材しているマイナビニュース編集RSこと庄司です。今回は、長年のXperiaユーザーだった筆者があえてXperiaを離れて旅(製品選び)をし、たどり着いた移住先(新しいAndroidスマートフォン)の話をします。

○Xperiaを手放す理由

まずは筆者のスマートフォン事情を簡単に説明しておきましょう。仕事柄、最新のiOSとAndroid OSに触れておきたいので、できるだけ新しい世代のiPhoneとAndroidスマホを各1台、必ず所持しています。個人的には片手で使えるコンパクト機を好むこともあって、現在は「iPhone 12 mini」をメインスマホにしていますが、Androidに関してはなかなかいい小型機がなく、NTTドコモ版のソニー「Xperia 5」(SO-01M)を使ってきました。

このXperia 5は、コロナ禍に突入して間もない2020年5月にドコモの「スマホおかえしプログラム」を使って手に入れたもの。それまで「Xperia A」(SO-04E)、「Xperia Z3 Compact」(SO-02G)、「Xperia X Compact」(SO-02J)、「Xperia XZ1 Compact」(SO-02K)といった比較的小さくて手ごろなXperiaを愛用してきたのですが、たぶん購入時に同プログラムを使ったときの値ごろ感に惹かれて入手したのでしょう。小型路線を貫いてきたのにいきなり21:9ワイド画面のXperia 5に乗り換え、「長い!」、「ジーンズのポケットに収まらない!」と新鮮な驚きを味わっていたものでした。