マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-60」を欧州で公開 - 日本向けモデルは4月上旬に
拡大する(全1枚)
マツダの欧州事業を統括する「Mazda Motor Europe」(マツダ・モーター・ヨーロッパ)はこのほど、新型クロスオーバーSUV「CX-60」を公開した。

「CX-60」は「走る歓び」と「環境・安全性能」を大幅に進化させた同社のラージ商品群の第1弾。このほど初めて、その全体像を公開した。

同社はグローバルに需要が高いSUV市場において、ラージ商品4車種を2023年までに導入予定。既存のSUV商品と併せて、各市場の特性や顧客ニーズに応えるSUVラインアップを拡充することにより、ビジネスおよびブランドのさらなる成長を図る、としている。

「CX-60」は厳しい時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を楽しめる2列シートのミッドサイズSUV。また、同社のデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦し、自然と調和する日本人の感性をいかしたタフさと緻密さを、その造形を通じて表現している。

今回公開したCX-60(欧州仕様)は2.5L直列4気筒ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせた同社初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」を搭載したモデルであり、欧州各国で3月8日(現地時間)に受注を開始、今夏の発売を予定している。

同社は防府第2工場(山口県防府市)において「CX-60」の生産を3月11日に開始。また、日本向けモデルについては、4月上旬に公開予定となる。