中田英寿監修の「加賀棒ほうじ茶」が発売! 時代にマッチした軽い味わいを追求
拡大する(全1枚)
ポッカサッポロフード&ビバレッジは、2015年より発売している「加賀棒ほうじ茶」を一新。3月14日よりリニューアル発売した。

これに伴い、3月8日には今回のリニューアルで監修を務めた“にほんもの”プロジェクトのプロデューサー・中田英寿さんらが登壇する発表会が開催。“にほんもの”スイーツマイスターの前園真聖さんらと、リニューアルのポイントや開発秘話などを紹介した。

本格的な加賀棒ほうじ茶が手軽にペットボトルで

日本各地の素材・製法・伝統・文化を誰もが手軽に楽しめる飲料として広め、地域を応援する「TOCHIとCRAFT」ブランドを展開しているポッカサッポロフード&ビバレッジ。

そんな国産素材とその美味しさをより引き出すための製造工程にこだわる同ブランドから2015年に発売された加賀棒ほうじ茶について、同社の食品飲料事業本部長・三枝裕昭氏は、「加賀棒ほうじ茶はお茶の葉ではなく、茎を焙煎した石川県金沢市発祥のほうじ茶です。金沢のお茶屋さんが捨てていた茎の部分を活用したことで明治35年頃に誕生しました」と説明。

昭和58年には昭和天皇へ加賀棒ほうじ茶が献上され、非常に香りや味わいが認められた歴史背景などもあり、同社では2015年に加賀棒ほうじ茶のペットボトル商品を発売したという。

今回のリニューアルでは、全国各地で見つけた日本文化の素晴らしさを伝える“にほんもの”プロジェクトを率いる中田英寿さんが監修。石川県で大正7年より代々お茶の魅力を伝えてきた老舗・油谷製茶の油谷祐仙氏が水出しによる加賀棒ほうじ茶を開発した。