ネット動画も見られる、約4.3万円の32V型フルHDテレビ。LGから
拡大する(全1枚)
LGエレクトロニクス・ジャパンは、ネット動画の再生機能も備えた32V型フルHD液晶テレビ「32LX7000PJB」を3月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は43,000円前後を見込む。

32V型という設置しやすいサイズ感の液晶テレビで、フルHD/1,920×1,080ドットのVAパネルと直下型LEDを搭載。LG独自のテレビ用プラットフォーム最新版「webOS 22」を採用しており、単体でVODコンテンツ(ネット動画)の再生も可能だ。

映像処理エンジンは、独自のAI機能を搭載した第5世代の「α5 Gen5 AI Processor」で、画質と音質を強化。低解像度の映像をフルHD画質で表示するアップスケーリング機能を備える。

HDRに対応し、明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で再現し、従来のSDR映像よりきめ細かな表現も描写できるとする。ダイナミックトーンマッピングも強化しており、フレームごとにHDR信号を処理するHDR10 Proをサポート。放送などで用いられるHLG、ゲーム向けのHGiGもサポートしている。

再生中の映像コンテンツをAIが分析し、映像のジャンルに合わせて自動的に音質をチューニングする「AIサウンド」を装備。効果音や音楽が大きくて聞き取りづらい登場人物の会話も、AIの分析によって明瞭で聞き取りやすくする。

ほかにも、ステレオサウンドをAIが5.1chの立体的な音響に変換して、対応する外部スピーカーと組み合わせることで「臨場感あふれる音響を提供する」としている。