【まぶしい上様】愛知県、交通安全対策に「マツケンサンバII」オリジナル反射ストラップを4月より配布
拡大する(全1枚)
愛知県では、夜間における交通安全対策として、2020年度・2021年度の「愛知県高齢者交通安全広報大使」をつとめた俳優・歌手の松平健さんをモチーフとした反射材「マツケンサンバII」オリジナル反射ストラップを独自に作成、4月より配布する。作成個数は10,000個、サイズは幅約6cm×高さ約7cm、素材は両面反射材(高輝度マイクロプリズム)。

この取り組みは、2021年に実施した「年末の交通安全県民運動」出発式のゲストとして出演した松平さんと知事が交通安全に関するトークを行った際、交通事故から身を守るためには、反射材の着用が効果的であることが話題となったことをもとに企画されたという。

配布は、4月4日に名古屋市東区のオアシス21「銀河の広場」で行われる「春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーン」にて、「新型コロナワクチン接種証明書(3回接種済みのもの)」を提示した方に向けて300個を予定(キャンペーン開始1時間前から先着順で整理券を配布)。ほかにも、4月から6月に名古屋市千種区の名古屋大学で開催される「防災・減災カレッジ」受講者のうち「新型コロナワクチン接種証明書(3回接種済みのもの)」を提示した方や、交通安全啓発活動として4月から6月までの間、県内の神社仏閣などで主に高齢者の方に向けて配布される。