滝藤賢一、異例の連ドラ同クール2作主演! 作品の向き合い方に変化「1本1本、責任を持ってやりたい」
拡大する(全1枚)
●26年の俳優人生で最も過酷な撮影
3月26日に開局したばかりのBS松竹東急(BS260ch・無料放送)のドラマ『家電侍』(毎週土曜23:00~)が、きょう2日にスタートする。主演の滝藤賢一は、同じく今月スタートのドラマ『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(読売テレビ日本テレビ系)にも主演し、異例の連ドラ同クール2作主演を果たすことになった。

これまでも数多くの作品に出演し、ますます露出が多くなると思いきや、実は今年から1つ1つの作品によりしっかりと丁寧に向き合うため、出演作を絞っているのだという。作品に臨むスタンスを切り替えたことで、「ターニングポイントになるのでは」と期待を抱く2022年。そして、この先の俳優人生をどのように見据えているのか――。

○■濱谷Pとの信頼関係で8年越しに実現

今作の原案である濱谷晃一プロデューサーとは、自身初の主演ドラマ『俺のダンディズム』(2014年)からの付き合いだという滝藤。「あの頃に僕を主演でやろうって言ってくれる人は濱谷さんしかいなかったですよ」という抜てきから、『バイプレイヤーズ』『黒い十人の秋山』『コタキ兄弟と四苦八苦』(いずれもテレビ東京)とタッグを重ね、信頼関係を築いてきた。

「貧乏浪人(滝藤)の元に、ひょんなことから現代の最新家電が届くようになり、それが原因で様々な事件が巻き起こる時代劇コメディ」という今作のアイデアを濱谷Pに聞いてから8年越しに実現できたのは、その関係性があったからこそ。