EXITがトップ! かまいたち濱家は司会も担当 吉本興業「伝説の一日」千穐楽壱回目
拡大する(全1枚)
吉本興業創業110周年特別公演「伝説の一日」の千穐楽壱回目公演が3日、大阪・なんばグランド花月で開催された。

千穐楽壱回目の口上は、桂文珍ザ・ぼんち、トミーズ、ハイヒールが務め、かまいたち・濱家隆一が司会を担当。濱家は「棒読みや!」などと先輩たちからいじられつつ、トミーズ雅が「トミーズ、ダウンタウン、ハイヒールが1期生でお笑いの勉強をしていたんです。そのトップをトミーズが引っ張り……」と話すと、「一番最後を走ってらっしゃいました」としっかりツッコミ。雅は「ハイヒールとトントンや!」と返し、2人のやりとりに笑いが起こった。

ネタのトップバッターはEXIT。兼近大樹が「伝説残していきます!」と宣言すると、りんたろー。は「だせーよ」とツッコんだ。そして、吉田たち、ニッポンの社長、アキナ、ハイヒール、もりやすバンバンビガロ、とろサーモン、トミーズ、ザ・ぼんち、トレンディエンジェル桂小枝、野性爆弾、村上ショージ、かまいたち、ジャルジャルフットボールアワーの順でネタを披露し、桂文珍がトリを務めた。

吉本新喜劇では、宮川大助・花子が登場。症候性多発性骨髄腫で闘病している花子は「NGK久しぶりやわ。皆さんに会えてよかったです」と挨拶し、勢いのあるトークでステージを盛り上げた。

4月1日に創業110周年を迎えた吉本興業は、日頃の感謝の気持ちを込めて、なんばグランド花月にて創業110周年特別公演「伝説の一日」を4月2日、3日に開催。110年間“笑い”を発信し続けてきた同社が、“オールよしもと”豪華ラインナップで、伝統の「笑い」と最新の「笑い」を届ける。同公演のオンライン配信チケットは4月10日まで販売(視聴は4月11日12時まで可能)。