移住先に人気の市区町村ランキング、1位は? - 2位長野県伊那市、3位兵庫県豊岡市
拡大する(全1枚)
カヤックは4月11日、「SMOUT移住アワード2021」の結果を発表。同ランキングは、2021年4月1日~2022年3月31日の期間中に、同社運営サービス「SMOUT」の一般ユーザーが「ファボ(興味ある)」した件数を集計したもの。総ファボ数は8万3,263件。

期間内にプロジェクトを公開した日本国内520地域が発信する情報に対し、「ファボ(興味ある)」した数を集計した結果、「SMOUT移住アワード2021」市区町村部門の1位は、「山口県萩市」となった。

「【2022年3月OPEN予定】築200年の古民家で小商い&スタッフしませんか?」「ワーケーション企画始動!歴史と自然あふれる街で働きながら休みを楽しみませんか?」など、ワーケーションというトレンドを踏まえ、歴史・文化、自然、温泉、古民家、空き家、関係人口から移住まで、バランスよく幅広いテーマを網羅した63件のプロジェクトが並び人気に。総ファボ数は2,627件にのぼった。

続く2位にランクインしたのは「長野県伊那市」。「週24時間・副業OK」の地域おこし協力隊も特徴的で、プロジェクトでもタイトルでうたうなど上手くPR。農業・林業に関するユニークなプロジェクトのほか、教育移住でも注目を集めており、自然豊かな環境で、学校独自の多彩な教育を受けられると人気に。プロジェクト数は65件、総ファボ数2,558件だった。

3位には、「兵庫県豊岡市」がランクイン。地域おこし協力隊の人数は、これから着任する方も併せると約50人にのぼり、映画や演劇によるまちづくりを推進し、演劇祭×まちづくり、アート好きの募集などクリエイターを積極的に募集。また、伝統産業の担い手や、猟師体験、高校生とまちづくりといった53件のユニークなプロジェクトが揃い、総ファボ数は2,455件にのぼった。