広瀬すず、清楚なキャミワンピで美肩露出 姉・広瀬アリスは「宿命の存在」
拡大する(全1枚)
映画『流浪の月』(5月13日公開)の完成披露試写会が13日に都内で行われ、広瀬すず松坂桃李横浜流星多部未華子李相日監督が登場した。

同作は凪良ゆうによる、本屋大賞受賞のベストセラー小説の映画化作。雨の夕方の公園で、びしょ濡れの9歳の家内更紗(広瀬)に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文(松坂)。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2カ月を過ごすことになるが、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後、「傷物にされた被害女児」とその「加害者」という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。

松坂とW主演を務めた広瀬は、白のキャミソールワンピースでデコルテと肩を美しく露出し魅了する。李監督のもとで出演した映画『怒り』について「あの当時の私は限界までいった、あれしかできなかったくらい全部出し切ったのではある」と振り返りながら、「毎日色々厳しいことも言って、でも味方でいてくださる監督に1本撮られた時に『映画作りってこういうものなんだ』と初めて知ったような現場だった」と語る。

「今回は6年経って、自分も色々なものを経験して価値観であったり、お芝居の感覚だったりだいぶ変わっていた」という広瀬だが、「そこで監督とお会いした時に、『どうしたらいいかわからないです』という相談をすぐにしてしまいました」と苦笑。「『それじゃあこの映画はだめだね』と言われ、『そうですよね、がんばります』と言いました」とやりとりを明かした。