神木隆之介&松村北斗、2人でホテルの1室に泊まりルンルンで「スイートデビュー」
拡大する(全1枚)
映画『ホリック xxxHOLiC』(4月29日公開)の大ヒット祈願イベントが14日に東京・神田明神で行われ、神木隆之介松村北斗玉城ティナが登場した。

同作はCLAMPによる同名コミックの映画化作。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日(神木)は、ある日一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(柴咲)のもとで暮らし【ミセ】を手伝うようになった四月一日は、同級生の百目鬼やひまわりとも仲を深めていき、悩みを抱えた人々と出会ううち、想像を超える大事件に巻き込まれていく。

松村を「松ちゃん」、玉城を「ティー」と呼ぶ神木に、松村は「人生で初めて松ちゃんと言われたんです。唯一、1人です。この世界で」と明かす。神木のファミリーな空気に松村は「神木くんの後ろをついてまわるような金魚のフンになっちゃったんですよ」と振り返りつつ、自分は「おそれ多くて」"神木くん"と呼んでいることも明かした。

神木は「5回くらい確認したよね、『なんでもいいよ』って。"りゅう"でもいいし"神木"でもいいし、"神ちゃん"と呼ぶ人もいるし。まあなんでもいいよって。『神木くんでいいですか?』『えっ!?』『神木くんでいいですか?』『もっと他にないの?』と何回も申請許可、申請許可を経て『神木くん』になりました」と経緯を説明。松村は「葛藤はありました。最初は"神木さん"だったんですよ。ちょっと頑張らなきゃと思ったので、中間ですよね、"神ちゃん"と"神木さん"の。そこからは動かないぞと。そこは譲らない」と強い意志を見せた。