吉岡里帆、段取り忘れ赤面&パニック! 主演映画のオチを言いかけ「どうしたらいい!?」
拡大する(全1枚)
映画『ハケンアニメ!』(5月20日公開)の完成披露試写会が14日に都内で行われ、吉岡里帆中村倫也尾野真千子、吉野耕平監督、辻村深月、柄本佑(映像出演)が登場した。

同作は辻村深月による同名人気小説の実写化作。アニメ業界に飛び込んだ斎藤瞳(吉岡)は、監督デビュー作で憧れのスター監督・王子千晴(中村倫也)と最も成功したアニメの称号=覇権を争うことに。天才として名を馳せる王子は、プロデューサー・有科香屋子(尾野真千子)とタッグを組み8年ぶりに監督復帰を果たすことになっており、瞳はクセ者プロデューサー・行城理(柄本佑)や個性的な仲間たちと共に、汗と涙と鼻水にまみれ、アニメの頂点=ハケンアニメの称号を手にすべく奮闘を重ねる。

原作者の辻村は、主演の吉岡について「映画を観る時に『吉岡里帆の映画を観るんだ』と思って観初めて、開始2分で吉岡さんだってことをわすれるくらい『瞳だ』と思ったんです。瞳の表情だし、怒り方だし、私の描いた瞳が成長していく」と絶賛。「吉岡さんの中に怒りや喜びの演技がたくさんある中で、瞳だからこういう表情をするというものを全部演じてくださっていて、こんな幸せなことがあっていいのかなと思いました」と感謝する。

それを受けた吉岡は「本当に感謝しかないですし、初めて原作を読ませていただいて、自分がこの仕事をしていて心が折れそうになる瞬間とか、どうすればいいんだろうとずっと悩んでいたことの解決方法を作品が言ってくれてる。『もっと自分のこと信じていいんだよ』と背中を押されて、不安だった気持ちがほぐれていくのを感じました」と感動を表す。「瞳を演じて、みんなで1本の作品を作ると言う行為と本編でアニメを作る思いが重なって、人に映画館で見ていただける幸せを感じたし、好きなものがあればどんな状況でも頑張れるっていただいたので、これからの人生にとってもお守りになる作品になりました」と作品への思い入れを明かした。