FPが答える家計相談 第17回 49歳パート主婦「中高生の子どもにお金がかかります。扶養を外れて働くとしたら"働き損"にならない年収はいくらですか?」
拡大する(全1枚)
FPが家計のさまざまなお悩みに答えていく本連載。今回は女性のお金の専門家・ファイナンシャルプランナーの山根純子さんが、高校・大学進学を控えた子どものために働き方をどうするか悩んでいるカンナさんに対しアドバイスします。

◆相談者さんのプロフィール
○相談者

相談者 カンナさん(仮名)
女性/パート/49歳
○家族構成

夫(会社員/51歳)、子ども2人(私立高校2年生・中学3年生)
◆お悩み

子どもが高校生と中学生になり、出費が増えています。部活動の費用が思った以上にかかるのと、食べ盛り、育ち盛りのため、食費と被服費が年々増えています。これから進学を控えて、教育費が足りるのか心配です。

夫の会社では妻の収入が103万円を超えると家族手当1万円支給の対象ではなくなるので、夫から気を付けるように言われていますが、今年の秋から勤務先でパートでも社会保険に入ることになるらしく、上司に働き方をどうするか考えておくように言われました。

収入は増やしたいけれど、手取りが減るのは困ります。夫にも納得してもらうにはどのくらい働けばいいか教えて下さい。
◆カンナさんの家計収支
○支出

○現在の貯蓄額

月収は夫手取りが38万円、妻手取りが8万円、児童手当1万円の計47万円。夫のボーナスは手取りで年間190万円、妻はボーナスなし。

月の支出は、食費・日用品が12万円、家賃が10万円、水道光熱費が2.3万円、通信費が1.8万円、医療費が3千円、ガソリン代が1万円、娯楽費が1.5万円、学費が8.5万円、保険が1.5万円、家族小遣いが5.3万円、雑費が8千円、貯金が2万円となっています。