阿部寛、“顔が濃い人あるある”で恋愛アドバイス『テルマエ・ロマエ』メンバーとも絆
拡大する(全1枚)
映画『とんび』(4月8日公開)の公開御礼舞台挨拶が15日に都内で行われ、阿部寛、安田顕、瀬々敬久監督が登場した。

同作は重松清によるベストセラー小説の初映画化作で、瀬々敬久が監督を務める。広島県備後市で暮らすヤス(阿部寛)は、愛妻との間に待望の息子アキラ(北村匠海)を授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し育て続ける。

会場に集まった観客からの質問を募集したところ、「最近気になってる人の顔が濃いんですけど、どうしたら振り向いてもらえると思いますか?」という質問が飛び出す。

阿部は「顔の濃い人って結構同類を好むんですけど、だからメイクを濃い目にとか……同じ種族だと安心する」と"あるある"からのアドバイス。「外国の方の作品をやったんですが、今もみんな集まって傷口を舐め合うこともあって」と、映画『テルマエ・ロマエ』メンバーの絆も続いているという。安田が「若干濃いめで行こう。そうすると相手も安心するぞ、と」とその観客に語りかけると、質問した観客は「明日からメイクの時間を頑張って伸ばします」と答えていた。