BeeX、2022年2月期決算は増収減益 - 大手SIとの協業や新サービスに着手
拡大する(全1枚)
BeeXは4月15日、2022年2月期(2021年3月1日~2022年2月28日)の通期決算説明会をオンラインで開催した。説明会には、同社代表取締役社長の広木太氏が出席し、2023年度の業績予想を発表した。

【関連記事】
≪BeeX、クラウドリソース可視化のためのセキュリティ診断サービス≫
≪BeeX、東証マザーズへ上場 - 成長戦略にセキュリティソリューション≫

同社の2022年2月期の売上高は前期比7.3%増の43億5400万円、営業利益は同17.2%減の2億7400万円、経常利益は同21.1%減の2億6000万円となった。

広木氏は、「2021年2月期は大規模クラウドインテグレーション案件の取り扱いがあり、また高い利益率だったこともあって、2022年2月期の売上総利益率は低下した。しかし、創業以来、売上高は順調に拡大し、経常利益も増益基調にある。2017年2月期から2022年2月期6期のCAGR(年平均成長率)は売上高が65.4%で、経常利益は54.2%となる」と説明した。

サービス別の売上高は、従来から事業を展開しているクラウドインテグレーション事業は減少したものの、定期収益が見込めるストック型事業のクラウドライセンスリセールとMSP(マネージドサービスプロバイダー)は前期比で増加した。

また、ストック型ビジネスを支える顧客数も増加している。クラウドライセンスリセールのアカウント数、MSPのユーザー数ともに増加傾向にある。「現在、ストック型ビジネスに強みがあるが、フロー型も含め、双方の売上・利益を伸ばしていく」と広木氏。