Anker、ネット動画も単体で楽しめる4Kレーザープロジェクタ
拡大する(全1枚)
アンカー・ジャパンは、Nebulaブランド初の4Kレーザープロジェクター「Cosmos Laser 4K」を6月8日に発売する。価格は24万9,900円。また、フルHD対応の「Cosmos Laser」も16万9,900円で同日発売する。

映像の明るさを左右する光源に、一般的なLEDランプではなくレーザー光源を採用。明るさは2,000 ANSIルーメン(2,400 ISOルーメン)で、「日差しが射し込む午前中や昼間でもカーテンを開けたまま鮮やかな映像を楽しめる」という。HDR10映像にも対応する。投写サイズは60~150型。内蔵スピーカーを使って単体で音声を再生でき、Dolby Digital PlusとSound Dimensionによる3Dサラウンド音響も楽しめるとする。

2機種の主な違いは対応する解像度やスピーカーの搭載数など。最上位の4K機は3,840×2,160ドット対応で、出力10Wのスピーカーと出力5Wのツイーターを各2基装備。「手の届きやすい価格」のフルHD機は1,920×1,080ドット対応で、出力10Wのスピーカー2基を搭載している。

どちらも同梱のAndroid TV 10.0搭載ストリーミング端末(Nebula 4K Streaming Dongle)を接続することで、ネット動画のストリーミング再生などが行える。付属のリモコンにはYouTubeNetflixAmazon Prime Video