実写『鋼の錬金術師』に原作者・荒川弘が「もらい泣き」山田涼介が名台詞決める
拡大する(全1枚)
アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める、映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(5月20日/6月24日公開)の本ポスター、完結予告が21日、公開された。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリックと、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリックの物語を描く。

この度解禁された『鋼の錬金術師 完結編』の二部作を繋ぐ「完結予告」は、本作の主人公であるエドワード・エルリック(山田涼介)の「ちょっと行ってくるわ 鋼の錬金術師 最後の錬成にな」という名台詞とともに始まる。かつて国家錬金術師が”人間兵器”として駆り出され多くの市民が犠牲となったイシュヴァ―ル殲滅戦の凄惨な場面や、エルリック兄弟達の前に立ちはだかり自身もホムンクルスであるという秘密を持つアメストリス軍の大総統キング・ブラッドレイ(舘ひろし)、国家錬金術師の連続殺人犯として登場する”傷の男”スカー(新田真剣佑)の隠された過去と、恨みをエドにぶつける姿、物語の初期から登場し“嫉妬”を司るホムンクルスのエンヴィー(本郷奏多)など、それぞれの戦いに挑む各キャラクター達が登場。

そして、『最後の錬成』でその全貌が明らかになる、ホムンクルスたちの生みの親でもあり、国民の魂と引き換えに”完全な存在”になることを企てる、最後の敵である“お父様”(内野聖陽)も予告に登場。映像内には、”お父様”と瓜二つの姿であり、エドとアルの父親でもある、ヴァン・ホーエンハイム(内野聖陽)も登場し、”お父様”の激しい攻撃からエドたちを守る姿も映し出されている。