山田涼介、完璧すぎて立体映像疑惑!? 『鋼の錬金術師』完結編に「ようやく」感慨
拡大する(全1枚)
映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(5月20日/6月24日公開)の製作報告イベントが21日に都内で行われ、山田涼介本田翼ディーン・フジオカ蓮佛美沙子本郷奏多渡邊圭祐水石亜飛夢舘ひろし山本耕史栗山千明佐藤隆太内野聖陽、曽利文彦監督、新田真剣佑(映像コメント)が登場した。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画の実写化作。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田涼介)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の物語を描く。

山田は「1を撮影している時に、曽利監督とは『最後まで描かないと』という話をしていて、4年という月日が経ってしまったんですけども、やっぱりこの作品をやるにはいろんな準備が必要で。1は序章に過ぎない、2と3を観てようやく完成するいったイメージなんです」と明かす。「4年間、思いは僕の中で途切れることはなかったので、『いつでもいけます』という感覚でクランクインを迎えられて、嬉しかったです。ようやくやれるんだなというのと、さらにパワーアップしたキャストの皆さんを迎えての撮影で」と振り返った。

そんな山田について、ディーンは「山ちゃんの肩周りがパワーアップしましたね。三頭筋とか」と褒め、山田は「この現場、筋肉バカしかいなくて」と苦笑。現場にも大きなプロテインが常備されていたり、"ディーン塾"が開かれていたり、山本が先生となっていたりしたという。筋肉以外の山田の話を求められたディーンは「頭の中がどんなトレーニングやってたかになっちゃって」と言いつつ、「1部の時に2人で並んで座って語り合うところあったじゃない。あの時の山田くんの印象と、今回のニュー山田くんのヴァイブスがちょっと違うなと思ったんです。あの時はより中性的な印象だった。今回はすごく"男"になったなという印象です」と表した。