舘ひろし、『鋼の錬金術師』は「理解を超えた作品」わからないまま撮影終わる
拡大する(全1枚)
映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(5月20日/6月24日公開)の製作報告イベントが21日に都内で行われ、山田涼介本田翼ディーン・フジオカ蓮佛美沙子本郷奏多渡邊圭祐水石亜飛夢舘ひろし山本耕史栗山千明佐藤隆太内野聖陽、曽利文彦監督、新田真剣佑(映像コメント)が登場した。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画の実写化作。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田涼介)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の物語を描く。

キング・ブラッドレイ役の舘は「台本をいただいて読みましたけれども、五里霧中というか、全くストーリーが理解できないまま撮影に入りまして、そのまま終わった、という。皆さんにご迷惑をかけてなければよかったなと思っております」と驚きの発言。

舘は同作について「とにかく私の理解を超えた作品と言いますか、先ほども話してて、僕はこの左の眼帯が取れて『左目がまだ生きているぞ』と言うんですけど、『どうして生きてる目に眼帯してるの?』と聞いたら、理由を教えてもらって『あ、そう!』」とトーク。「今日、初めて理解ができました。本当によく最後までできたなと思っております。ただただもう、監督ご指示通りにやったという感じです」と振り返る。山田は「キング・ブラッドレイ大総統役で、お芝居の上でビシッと敬礼するんですけど、お芝居じゃなくても敬礼できるというか、自然とそうなるオーラを身に纏ってそこにいてくださった」と感謝していた。