パナソニック新液晶VIERA、AI進化で画質強化。ゲームUIも
拡大する(全1枚)
パナソニックは、4K液晶VIERAの2022年春夏モデルとして、ハイエンド「LX950」とハイグレード「LX900」の2シリーズ5機種を5月27日から順次発売する。価格はすべてオープンプライス。店頭価格は55V型「TH-55LX950」が28万円前後など。

プレミアム液晶ディスプレイ搭載の最上位「JX950」シリーズと、上位「JX900」シリーズ(いずれも2021年春夏モデル)の後継機。既存のJX900は75/65/55V型の3サイズ展開だが、新しいLX900では49/43V型の2サイズに置き換わっている。

4K液晶VIERA 2022年春夏モデルのラインナップと店頭価格、発売時期は以下の通り。
■LX950シリーズ

75V型「TH-75LX950」:41万円前後 / 6月24日発売
65V型「TH-65LX950」:31万円前後 / 5月27日発売
55V型「TH-55LX950」:28万円前後 / 5月27日発売

■LX900シリーズ

49V型「TH-49LX900」:19万円前後 / 6月17日発売
43V型「TH-43LX900」:18万円前後 / 6月17日発売

いずれも4K/3,840×2,160ドットの液晶パネルとBS/CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSチューナー×3を備えた、4K液晶テレビの最新シリーズ。43V型「TH-43LX900」のみVAパネルで、他はIPSパネルを採用している。