世帯持ちの社会人、お小遣い額は平均いくら? その使い道は?
拡大する(全1枚)
子供の教育費や家のローンなどで出費が多い世帯持ちの社会人。他の家庭で自分達のお小遣いをどのくらいに設定しているのか、気になったことはありませんか。

今回は、マイナビニュース会員の男女501名を対象に、「社会人のお小遣い額」に関してアンケートを実施。その中から世帯持ちの社会人377名に、お小遣い額と設定したお小遣いの金額の理由を聞いてみました。

■2022年、世帯持ちの社会人のお小遣い額ランキング

1位 1万円以上~3万円未満 (118名)
2位 3万円以上~5万円未満 (113名)
3位 1万円未満(52名)
4位 5万円以上~7万円未満(32名)
5位 9万円以上~11万円未満(20名)
6位 15万円以上(19名)
7位 7万円以上~9万円未満(14名)
8位 11万円以上~13万円未満(5名)
9位 13万円以上~15万円未満(4名)

世帯持ちの社会人で最も多いお小遣い額は、1万円以上~3万円未満、続いて僅差で3万円
以上~5万円未満ということが判明しました。3位は1万円未満、4位は5万円以上~7万円未満と、7万円未満で設定している人が割合をしめていることがわかります。実際にお小遣いの使い道をそれぞれ金額ごとに聞いてみました。
■お小遣いの使い道は主に食事や趣味、中には投資に使う人も
<1万円未満>
○・食事

「たまに外食するとき」(39歳/愛知県/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他))