門脇麦、飲み友・ウエンツと共演「一番カメラが回っているところで笑った」
拡大する(全1枚)
女優の門脇麦と俳優のウエンツ瑛士が出演する、サントリースピリッツ・鏡月Greenの新ブランドムービー「たのしいお酒がいいお酒」編が、10日より公開される。

新ブランドムービーでは、公私ともに仲が良いという門脇とウエンツの2人が登場。「たのしいお酒がいいお酒」をコンセプトに、カメラに駆け寄ったり、月を模したオブジェで頭を揺らしたりと無邪気な姿を見せている。

撮影後のインタビューで感想を聞かれた門脇は、「お互いに忙しかったり、ご時世もあって久しぶりに会えたので、話したいけど話できなかったことを1日中ずっと話し続けていたと思います」と話すと、ウエンツも同意し「隙間時間が休憩じゃなくて、隙間時間も撮影現場に残ってしゃべっているから、たぶんみなさんは撮影しづらかったんじゃないかな」と笑いを誘った。さらにウエンツは「麦ちゃんが相手でよかったな」とコメントし、門脇も「今日の撮影は、一番カメラが回っているところで笑った日」だと明かした。

普段からプライベートでも交流のある2人に「2人で飲むお酒は楽しい?」という質問をぶつけると、「もちろん」と即答。「どこで飲んだ、なにを飲んだかまですごく覚えています」と門脇がウエンツとのエピソードを披露した。

また、門脇とウエンツによる週刊トークバラエティムービー「麦とウエンツのキョーはゲツヨウ Presented by 鏡月Green」が16日から配信開始(毎週月曜12時公開)。同商品を片手に毎週異なるテーマで2人が語り合う。