北川景子、真っ赤な肩出しドレスで美しすぎるスレンダーボディ! 肉体改造に意欲も
拡大する(全1枚)
映画『大河への道』(5月20日公開)の先行プレミア上映イベントが9日に行われ、中井貴一松山ケンイチ北川景子岸井ゆきの和田正人溝口琢矢、平田満、橋爪功が登場した。

同作は立川志の輔の新作落語『伊能忠敬物語―大河への道―』の映画化作。観光促進として伊能忠敬を主人公とした大河ドラマの開発プロジェクトを立ち上げた千葉県香取市役所のメンバーが、1821年に史上初の日本地図を完成させたのは伊能忠敬ではなかったという驚くべき新事実を発見してしまう。一方200年前の江戸時代では、忠敬の志を継いで地図を完成させるために、涙なしには語れない弟子たちによる一世一代の隠密作戦が動き出していた。

北川は肩出しの真っ赤なドレスで登場し、会場を魅了する。伊能忠敬が55歳から日本地図のプロジェクトを始めたことにちなみ「55歳から始めたいこと」を聞かれると、「肉体改造したい。私の両親も55歳より上なんですが、だんだん体が衰えていくじゃないですか。そこで私は逆行したい。55歳からさらに若返るみたいな」と意欲を見せる。

なぜか笑ってしまっている岸井を訝しがりながらも、北川は「山登りとかしたいです。足腰を鍛えて……」と続けたが、そこで「見た目がムキムキとかじゃなくて、中から!」と、笑いの理由に気づいた様子。岸井は「ムキムキになるのかと思いました」と弁解していた。