トヨタ、新型BEV「bZ4X」のKINTO月額利用料を決定
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車は5月12日からサブスクリプションサービス「KINTO」での提供を開始する新型BEV(Battery Electric Vehicle=電気自動車)「bZ4X」の月額利用料を決定した。

5月12日当日は正午から、WEBサイトまたは販売店を通じて、年内を目途に納車する分として3,000台の申し込みの受け付けを開始する。

月額利用料は、KINTOの「bZ4X専用プラン」で設定している最長10年の契約期間のうち、最初の4年はCEV(クリーンエネルギー自動車)を購入した際に国から交付される補助金(「CEV補助金」)を適用した場合、8万8,220円からとする。別途、契約にあたって77万円の申込金も必要になる。なお、ユーザーが在住の地域によっては地方自治体からも補助金が交付されるケースがあり、これを適用すれば月額をさらに減額できる。

5年目以降は「CEV補助金」がなくなるものの、それまでの月額を毎年、段階的に引き下げていく。ユーザーにとっては、長く乗れば乗るほどリーズナブルになるとともに、中途解約金をゼロとし、フレキシブルなカーライフを支援するという。

なお、「bZ4X専用プラン」では、KINTOの通常のプランで月額利用料に含めている自動車保険や自動車税、車検代、メンテナンス代などの諸経費に加えて、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、安心安全のコネクティッドサービス(クルマの状態を見守り、ユーザーへ安心を届ける「コネクティッドカーケア」など)の利用にかかる費用を月額に特別に含めることとする。