迫力サウンドの最上位VIERA「LZ2000」登場。スタンダード4K液晶も
拡大する(全1枚)
パナソニックは、薄型テレビ「VIERA」の2022年モデルとして、4K有機ELの「LZ2000」、「LZ1800」2シリーズ6機種と、4K液晶の「LX800」シリーズ5機種を6月17日から順次発売する。価格はすべてオープンプライス。店頭予想価格は、LZ2000シリーズの55V型「TH-55LZ2000」が44万円前後など。

5月27日から順次発売予定の4K液晶「LX950」、「LX900」2シリーズに、今回の4K有機EL「LZ2000」、「LZ1800」2シリーズ、4K液晶「LX800」シリーズを加え、VIERA 2022年モデルのラインナップが完成した。

LZ2000/LZ1800/LX800シリーズの店頭予想価格と発売日は以下の通り。
■4K有機ELテレビ LZ2000シリーズ

77V型「TH-77LZ2000」:約85万円前後 / 8月5日発売
65V型「TH-65LZ2000」:約61万円前後 / 8月5日発売
55V型「TH-55LZ2000」:約44万円前後 / 7月8日発売

■4K有機ELテレビ LZ1800シリーズ

65V型「TH-65LZ1800」:約49万円前後 / 6月17日発売
55V型「TH-55LZ1800」:約36万円前後 / 6月17日発売
48V型「TH-48LZ1800」:約31万円前後 / 6月17日発売

■4K液晶テレビ LX800シリーズ

75V型「TH-75LX800」:約29万円前後 / 7月8日発売