東山紀之、橋田壽賀子さんに感謝 『源氏物語』では「あまりの長台詞に…」
拡大する(全1枚)
俳優の東山紀之が、「第30回橋田賞」で橋田賞を受賞し10日、都内で行われた授賞式に登壇した。

脚本家・橋田壽賀子さんが理事を務めていた橋田文化財団が主催し、日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に贈られる同賞。東山は、テレビ朝日『刑事7人』、『サンデーLIVE!!』などドラマ・MCと長年にわたって幅広く活躍し、橋田作品(TBS『御いのち』『源氏物語』など)の心の中のヒーローとしても活躍してきたとして受賞した。

東山は「先生にさまざまな出会いを作っていただきました」と橋田さんに感謝し、「今日お会いできなくて本当に残念です」と心境を吐露した。

そして、「『源氏物語』では、正直言いますと、脚本を初めて読んだときにこれはヤバいなと。あまりの長台詞に逃げ出そうと思って旅先まで考えていたんですけど、逃げたら橋田先生、石井ふく子先生、メリーさんにこっぴどく怒られるなと思ってその恐怖に耐えることができずとどまった次第です」と優しい笑顔を見せながら振り返り、「あのときに逃げ出さなかったから今ここに立てている。今後もさまざまなことがあると思いますが、逃げ出さずに頑張っていきたいと思います」と決意を語った。
○「第30回橋田賞」受賞一覧

■橋田賞大賞
該当なし

■橋田賞
阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』(NHK)
『日本沈没-希望のひと-』(TBS)
橋本裕志(脚本家)
東山紀之(俳優)
中田喜子(俳優)
仲野太賀(俳優)
井上貴博(アナウンサー)

■橋田賞新人賞
杉咲花(俳優)
吉沢亮(俳優)