藤原竜也、自身のモノマネ芸人との距離感「クセの強いモノマネをされている時は…」
拡大する(全1枚)
俳優の藤原竜也が出演する、明治「明治プロビオヨーグルト LG21」の新CM「プレゼン編」、「医師推奨編」 が12日より放送される。

新CMでは、クセのある役柄も高い演技力で演じきる藤原竜也が、すべての働く人のココロとカラダの健康維持を胃で働く乳酸菌LG21とともに応援する「胃識マネジャー」に就任。明るく前向きなワークスタイル、自分らしいライフスタイルを持てるような“胃識改革”を推進していく。
○■藤原竜也インタビュー

――撮影を終えての感想を教えてください。

今まで演じたことのないキャラクターと突然床とかテーブルの下から顔を出して“胃識改革”を勧めてみたり、というようなキャラクターはめちゃくちゃ楽しかったですね。本当に真面目にやればやるほど周りのスタッフさんがクスクス笑ってくれたりしたので、それはよかったのではないかなと思います(笑)。

――映画や舞台に数多く出演していますが、不安に感じることはありますか?

いっぱいありますよ。演劇の初日だったり、緊張感のある舞台であればいつもプレッシャーを感じる部分でもありますし、映画のクランクイン前だったり、先輩の役者さんとの芝居の日だったりというのは、「きついな~」「不安だな~」「大変そうだな~」という不安を抱えることはありますけどね。

――今回のCM のキャッチコピーは胃識改革です。「胃識マネジャー」役を演じられましたが、もしご自身が会社員だったらどんな上司だと意識高く働けますか?