ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさに自分の新たな気持ちを発見!?「母性本能が…」
拡大する(全1枚)
映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(6月17日公開)の完成報告会が12日に都内で行われ、ディーン・フジオカ岩田剛典佐々木蔵之介新木優子広末涼子村上虹郎小泉孝太郎稲森いずみ椎名桔平、西谷弘監督が登場した。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンの名コンビによる古典ミステリーの傑作を、現在の東京を舞台に映像化。原作上“シャーロック・ホームズ”にあたるディーン演じる誉獅子雄と、“ジョン・ワトソン”にあたる岩田剛典演じる若宮潤一が、バディを組んで数々の難事件に挑む。

小泉は「この作品の世界観って本場シャーロックホームズのスコットランド、イギリスとかあっちの空気が魅力だと思うんですが、主演のディーンさんと岩田さんと初めて対峙させてもらったんですけど、男ながら『なんて美しいのだろう』と思って。お二人じゃなかったからベターっとしたまま終わってしまったんじゃないか」と絶賛する。その言葉に大きく頷いていた新木は「このお二人のお顔を映画のスクリーンで眺められるのは嬉しいだろうなと思いますし、私自身お二人に会った時に本物だと思って、非の打ち所のないお二人」と同意し、ディーンは「本当にありがとうございます!」、岩田は「なんかもう辛いです。恥ずかしいし辛いですよ」と苦笑していた。

ドラマ版からバディを組んでいる2人だが、映画化にあたってディーンは「岩ちゃんの母性本能をくすぐる技術が進化したと思いました」と明かす。西谷監督が「それはもう岩田さんが暴走したんですよ」とジョークを飛ばすと、岩田は「おかしいでしょ、めちゃめちゃ演出です」とツッコミ。ディーンは「岩ちゃん本人を知ってるからかもしれないんですけど、普段は思慮深くて抑制が効いている岩ちゃんが、若宮としてお茶目なことだったり失敗だったり、色々うまくいかないところの姿がかわいいんですよ。見てて『頑張れ』という気持ちになりましたし、自分の中にも母性本能があるんだなと思いました」と語った。