「京樽」の新社長に就任した堀江陽氏に聞く - 京樽、みさき、スシローの今後の展望は

「京樽」の新社長に就任した堀江陽氏に聞く - 京樽、みさき、スシローの今後の展望は
拡大する(全1枚)
茶きん鮨など、上方鮨を展開する「京樽」。今春、同社の代表取締役社長に堀江陽氏が就任した。これまで、あきんどスシローを率いてきた堀江氏だが、90年の歴史ある京樽をどう改革していくのだろうか。詳しい話を聞いた。

○スシローとのシナジーに期待

テイクアウト事業の京樽、および回転寿司みさき(旧 海鮮三崎港)の事業管掌に2022年4月1日付けで就任した堀江氏。その冒頭、次のように切り出した。

「京樽では、巻鮨(まきずし)を販売していますね。巻鮨は、海苔、巻く人の力加減で味が変わる世界。京樽の巻鮨は、本当に美味しいのに、こんなに安い値段で売っている。でもその感動が、世の中の人たちにあんまり伝わっていないと感じるんです」。

そこでFOOD & LIFE COMPANIESグループのシナジーを活かしていく。適宜、江戸前寿司も売り出すことで売り場を華やかに、魅力あるものにしていく考えだ。比較的、年配の購買者が多い京樽の店舗に、スシローのボリュームゾーンである若い世代にも来店してもらうことを期待する。実際、一部のエリアでは京樽とスシローのダブルブランドを掲げるテイクアウト専門店もスタートしたが、「スシローの看板も掲げることによって、今まで京樽に来なかった人たちにいっぱい来ていただいている」という。

「ここから先は若い世代の方に上方鮨、巻鮨をちゃんと伝えていきたい。そこがまだ、できていない部分。これがうまくいけば、現在のお客さんに加えて、新しいお客さんにも来てもらえる。上方鮨の良さを伝えることで、次の世代のお客さんを作っていきます」。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク