過去最大赤字のソフトバンクG、守る投資に切替え‐孫氏「雨が降ったら傘をさす」
拡大する(全1枚)
ソフトバンクグループ(SBG)は5月12日、2022年度3月期の連結決算(2021年4月1日~2022年3月31日)を発表した。売上高は前年比10.5%増の6兆2215億円となった一方で、最終損失は1兆7080億円と同社として過去最大の赤字となった。前年度(2021年度)は4兆9879億円の黒字と、国内最大の最終利益を達成したが、一転して大幅な赤字に転落した。2020年度も約1兆円の最終損失を記録しており、まさに業績が乱高下している。

守りの姿勢で慎重な投資を

同日開催された決算会見に登壇したソフトバンクグループ 代表取締役会長 兼 社長執行役員の孫正義氏は「雨が降ったら傘をさす。『守り』を意識した経営方針に切り替え、厳選した投資を実行していく」と語った。

過去最高の赤字を出してしまった主な原因は、AI(人工知能)関連のスタートアップなどに投資するビション・ファンドの投資損失だ。終わりを見せることなく世界的に拡大している新型コロナウイルス感染症と、ロシアによるウクライナ侵攻などの影響もあり、投資するスタートアップの株価が軒並み暴落した。

ビション・ファンドの投資損益は3兆399億円の赤字で、前年度の6兆134億円の黒字から悪化した。つまり1年間で9兆533億円も悪化したということだ。孫氏は「中国の投資企業の業績が悪い。中国企業に対する新規の投資は慎重に検討しなければならない」と警戒。

ソフトバンクグループが最重要指標と定めているNAV(時価純資産)は18兆5000億円だった。2021年12月からの3カ月間で8000億円減少した。2021年3月時点では26兆1000億円だったので、1年間で7兆6000億円ものNAVを失ったことになる。