フリーランスの適正な業務量がわからない!
拡大する(全1枚)
●今回のモヤモヤ「フリーランスの適正な業務量がわからない!」
「ワーママのモヤモヤ整理します」25回目の相談者は、専業主婦のりおさん(38歳)。次男の妊娠中に一度契約を終了しましたが、フリーランスとして数年にわたって活躍していました。しばらくしたら、今後もフリーランスとして仕事復帰したいと考えているのですが、子ども2人を育てながらの"業務適正量"がわからず、モヤモヤしているといいます。

今回の相談者さんのモヤモヤはこちら


自分の気質、子どもの急な体調不良などを踏まえると、仕事を請け負いすぎるのは怖いけれど、なんだか物足りない気もする……りおさんのモヤモヤについては、どう整理していったらいいでしょうか?

山下さんからのアドバイスは……?

○山下さんからのアドバイスは……?

仕事をするうえで「自分が絶対に許せない」と思うポイントを自覚すると楽になります。まずは依頼された仕事を受けてみて、試行錯誤しながら自分にとっての適正な業務量を模索していきましょう。

山下さん: 子どもの体調不良など不測の事態に備えて『〆切よりも早く仕事を仕上げる』というのは、産後のワーキングマザーあるあるだと思います。ただりおさんの場合、もともとその気質があって、産後はさらに拍車がかかってしまった印象ですね。そこまで根詰めて仕事を仕上げてしまう背景には何があるのでしょうか?

りおさん: おそらく自分の中で"〆切までに仕事を仕上げられないこと"が絶対に許せないと考えているから、早め早めに仕上げてしまうのだと思います。